「103万の壁」は、働く際に忘れてはいけないポイント

年末調整と言うのは、どんな感じの場合に行わなければいけないのでしょうか?きちんとやりくりしながら働いても税金がかかってきますね。以前私は103万の壁を守りつつ仕事をしていた私ですが、きちんとしていても急に仕事が忙しくなると「悪いけど残業して!」なんて言われるとオーバーワークになり、何回か税金を支払ったことがあります。それに何回も103万を超えるのなら、主人の「扶養から外れた方が良いのかも」と言われた
事があります。そのあたりは、いくらパートをして暮らしの足しになんて考えていても困ってしまします。103万って微妙な壁なんですよね。1年間130万くらい稼がないと、もとがとれないみたいですから、主人の扶養から外れて職場の保健に切り替えています。しかしこれもまた厚生年金が高いのです。どうして保険って高いのでしょうか?本当に103万の壁を超えないでおこうと思うなら、計画性を持つのが一番です。その鉄則は破らないのが壁は超えないポイントです。もしくは、しっかり稼ごうと思うなら、ご主人の厚生年金の保険から出ることがBESTの状態かもしれません。
ところで私は今の職場は、教育費を捻出するために4時間を7時間勤務にしてもらったのです。その為に保険は、主人の所から出て個人のものになっています。この私の給料に関しては、職場で税金対策の書類を出してもらっています。 バイトの年末調整はきちんと行うのに限りますから。変に税金掛かると嫌ですし、年末調整は馬鹿にできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です